ブックオフせどり値札の意味を徹底解説【仕入れ前に知っておこう!】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
・たにやん ・東京都在住 ・35歳 ・激務&パワハラで退職 ・現在メーカー勤務で再出発 ・2020年1月せどり開始 ・4カ月で月収10万円

こんにちわ。たにやんです。

今回はブックオフで仕入れをするなら知っておきたい【値札】についてです。

私もせどりをするまでブックオフ自体行くこともありませんでしたが、仕入れをするようになってからはこの値札の存在と意味が非常に重要なものだとわかりました。

これを読んでからブックオフに行けば、商品の置かれている状況がわかって仕入れの参考になると思います。ここでは値札の見方や書かれている意味、そこから考える仕入れを紹介していきます。

ブックオフの値札

ブックオフでは買い取った商品を分類して並べられるように、オリジナルの値札を貼っています。ラベルは主に以下の2種類が使われています。

ブックオフオリジナルのラベル

ブックオフが独自に発行している大き目のラベルです。ここの見方がわかると値段以外の様々な情報が印刷されていて仕入れの判断に使えます。

ブックオフではこの値札をもとに本やDVD、ゲームなどをそれぞれの分類された棚に並べています。金額はブックオフ内で商品ごとに設定された値段なので基本的にどの店舗でも同じになっています。

値段のみのラベル

これはどこでもよく見かけるハンドラベラーで値段を印刷したラベルです。これは値段のみの表記ですが「BOOK OFF」と印刷されたラベルが使われています。

この値札は主に一定期間売れなかった商品のオリジナルのラベルの上に値下げした金額のラベルを貼る、通称「ところてん」をされた商品に貼られます。

その他では処分品として並べる場合や商品が小さい場合などもこれが使われています。よく見るのは1冊110円の単C棚に入る商品です。

 

ブックオフの値札の意味

ブックオフのオリジナルラベルにはいろいろな数字や文字が印刷されていますが、これを知っておくことで仕入れの参考にできます。ここでは仕入れで私がよく見る部分を紹介していきます。

ブックオフの値札

  1. 商品名
    ここは本のタイトルなどが入ります。巻数があるものは写真のように数字が付きます。
  2. 作者・主演
    本であれば著者の名前、DVDであれば主演、監督の名前などが入ります。人気の本などはこの作者を覚えておくと仕入れに使えたりします。
  3. 発売月
    商品の発売された年、月が入ります。ここを見れば発売から何年経っているのかわかります。
  4. インストアコード
    ブックオフが独自に用意しているバーコードです。レジではこれを読んで会計となります。プライスターなどのせどりツールの中には、これでリサーチできるものもあります。
  5. 値付けした月
    買い取った商品に値段を付けた月です。写真は2020年2月に値段を付けています。ここを見れば最近棚に並んだ商品なのかがわかります。

このように小さなスペースに情報が詰まっています。全て完璧に覚えておく必要はありませんが、知っていれば仕入れの参考になると思います。

 

ブックオフの値札から見る仕入れ判断

ここまででブックオフの値札の見方はかなり理解できたと思います。次にこの値札を見て実際の仕入れ判断に活用する方法です。

色で判断

これが値札の判別として最もカンタンかつ早いです。私も時間が無い時や気になる商品が多い時はこれで見分けるようにしています。

ブックオフでは四季によってラベルの色を分けていつ頃並べた商品か分かるようになっています。

この色の部分を見て今の季節と合っているなら、その商品は最近並べられた、もしくはところてんされた商品ということになります。最近並べられた商品ということは、まだライバルが見ていない可能性があるため、自然と利益商品の可能性が高くなります。

特にわかりやすいのは3月→4月のようにラベルの色の変わり目のタイミングです。例えば4月1日で緑色のラベルであれば、基本的にその日に並んだ商品なので狙い目です。

この色による判別法を知っていれば、商品に貼ってあるラベルの色をパッと見ただけで仕入れの判断ができるようになっていきます。もちろん全ての商品にあてはまるわけではありませんが、私は実際やってみたらかなりの確率で利益商品を見つけられています。

逆に季節とラベルの色が合っていない商品が多く残っているようなら、そのジャンルをライバルが見ていない、もしくはライバルが手薄な店舗ということがわかります。

「ところてん」なら可能性あり

ブックオフでは買い取りをしたら、商品に応じて相場なりに設定された値段のラベルが貼ってありどの店舗でも基本的に値段は一緒です。

しかし全ての店舗で同じ値段で同じ商品が売れていくわけではないため、売れ残った商品は値段だけ印刷された小さい値札が上から貼られて値下げされます。

ブックオフではこの値下げを通称「ところてん」と言っています。店員さんの会話の中でもこの言葉が聞こえることがあるので用語として定着しているようです。

ところてんのタイミング
  1. 売れ残りの値下げ
    最初はプロパー棚に通常の値札で並べられたものの、半年~1年程経過しても売れ残った場合などに在庫処分的に貼られるケースです。こういった商品は通常の値段で仕入れたら利益が取れないで残っている場合が多いため、ところてんされた瞬間に利益商品になることがあります。
    特徴としては長く棚に残っていたので、プロパーの色と値札の色が違うことが多いです。
  2. 棚を埋めるための値下げ
    単C棚に入れる商品がなくなったことにより、プロパー棚の商品を値下げして埋めるという場合です。そのためタイミングが良いと普段単Cで見ることがない商品が並んでいて、一気にセット本が作れるといったこともあります。

このようにところてんによる値下げは、普段なら利益が取りにくい商品が急に利益商品に変わる可能性が出てきます。多少タイミングなどの運要素もありますが、店舗を普段から回って相場などをわかっていれば気づくこともあると思います。

私は店舗をいくつも回っているので、いつもは見ない本が単Cに並んでいればすぐに気づいて仕入れができています。

セット本で使える見方

以前の記事でセット本について解説しましたが、仕入れるうえでブックオフのラベルは1つの目印であり仕入れ判断に使えます。

「完」マークを探す

以前の記事でセット本を棚から作る時は後ろの巻から集めると書きましたが、ブックオフのラベルにはいい目印があります。集めているセット本が完結している作品の場合、最後の巻のラベルに「完」のマークが付いています。

棚を見て揃っていそうな作品があったら一番後ろの巻のこのラベルを探してみましょう。もしマークがなければその巻は完結していないかまだ連載中ということになります。

ブックオフの店員さんも全ての人がコミックや小説に精通しているとは限らないため、これを目印にセット本を作って販売しているのだと思います。

私も棚でセット本を探していると「このタイトルは最後何巻だっけ?」と忘れてしまった時も、このマークの有無で最後の巻があるのか確認しています。

数字で確認

「完」マークのある位置に数字がありますが、これはその作品が全部で何巻あるのかを示しています。これを見ることでも、今棚にある商品が最後まであるのかを確認できます。

この数字を見ればすぐに巻数がわかるので、棚を見て足りない巻がどれだけあるのか、足りない巻は他の店舗ですぐに集めてセット本を作れるのかといった判断ができます。

私も普段あまり見ないタイトルなどはこの数字を見て、最後の巻まで全て揃っていて利益が取れるか確認してから仕入れたり、全然足りないようであれば見送るなどしています。

その他扱いは大チャンス!

ブックオフの値札は基本的に商品名やジャンルなどの詳細が印刷されたラベルが貼られていますが、たまに詳細が書かれていない値段のみのラベルがあります。

このラベルはブックオフで決まった値段が無い商品に貼られています。ブックオフではあらかじめ商品ごとに設定された値段があるため、どの店舗でも基本的に値段は一緒ですが全てを網羅しているわけではありません。

そのためあまり買取したことがない商品などは、店舗側で「このぐらいかな?」というおおよその値付けになることがあります。

そういった商品は相場の通りの値付けではなく安くなっている場合が多いので、もしこの状態になっている商品を見つけたらとりあえずリサーチしてみましょう。

単純に売れていない商品ということもありますが、中には探してる人もいるレア商品や毎月よく売れている商品も眠っていたりします。

私も写真のようにゲームのオプション品などで値付けが甘くなっているのをよく見かけて仕入れています。

 

まとめ

今回はブックオフで使われている【値札】について解説していきました。

  • 色で季節を見る
  • 新しいところてんをチェック
  • セット本なら「完」と数字で判断
  • 白値札はリサーチしてみる

値札にどういう意味があるのかわかるだけでも、リサーチするかしないかの判断材料になってくるのでその分時間が短縮されて効率化していきます。

ここに仕入れの回数が増えて相場もわかってくればさらに仕入れも早くなっていくので、最初はわからなくても意識していくだけでも違ってくると思います。

ブックオフをさらに知って仕入れの量を増やして稼いでいきましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
・たにやん ・東京都在住 ・35歳 ・激務&パワハラで退職 ・現在メーカー勤務で再出発 ・2020年1月せどり開始 ・4カ月で月収10万円

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© たにやんの「副業」はじめました。 , 2020 All Rights Reserved.